海と人がつながる未来を目指すポセイドンのダイビング
自然豊かな北海道の中でもダイビングスポットとして名だたる積丹半島や美国をご紹介いたします
初めて見る生き物との遭遇、見たことのない景色、共感し合える仲間との出会い
積丹半島の大自然を背景にあなたが主役になれるひととき
母なる海に抱かれ、日常の喧騒を忘れ、上質な時間を提供いたします

ダイビングツアーの種類

ポセイドンが提供するダイビングツアーは未経験者から上級者まで満足していただけるプログラムをご用意しております
海のプロフェッショナルであるポセイドンが他では出来ない体験をプロデュース
あなたに合うプランをお選びください

体験ダイビング

最もお手軽な未経験者向けのダイビングツアーです。
Cカード(ダイビング認定カード)の必要がなく、必要機材もレンタルできますのでダイビングに興味があり体験してみたい方や、旅行中でも体験できます。
経験豊富なインストラクターが同行しますので泳げない方もご安心ください。
海の魅力をお手軽に体感していただけます。

ダイバー認定コース

知識の応用、技術のマスター、安全に対する姿勢の水準を満たしたとインストラクターが評価した際にダイバーとして認定されます。Cカード(認定証)をもらうとより自由に潜れるファンダイビングに参加出来ます。

ファンダイブ

ファンダイビングのファンとは、文 字通り「FUN」=「楽しみ」「喜び」 という意味です。ダイバー認定コースを講習された方が楽しめるコースとなります。もちろん初心者の方もブランクある方も、お客様に合わせてインストラクターが丁寧に対応致しますので安心して楽しめます。海を満喫したいという方 であればファンダイビングほどおすすめなものはありません。

季節のダイビングおすすめ

ポセイドンのホームグラウンド積丹半島の季節に合わせたおすすめの装備です

4月と5月

水温 6 ~ 10°Cくらい、海藻がきれい(4 月は緑藻類、5 月は褐藻類

  • レギュレーターは寒冷地仕様がおすすめ
  • ドライスーツ
  • フード
  • ミトングローブがおすすめ
  • インナーとソックスは冬用厚手

6月

水温 13 ~ 15°Cくらい、海藻がきれい、ウニ漁解禁、アフターで 食べに行くことも

  • レギュレーターは通常のもので OK
  • ドライスーツ
  • フード
  • 3mm グローブで問題ありません
  • インナーとソックスは春用のもので OK

7月

水温 17 ~ 20°Cくらい、水温が上がり始める、魚が増える (メバルの群れなど)

  • レギュレーターは寒冷地仕様がおすすめ
  • ドライスーツまたは、5mm ウェット2P
  • フードまたはフードベスト
  • 春~秋グローブ
  • ドライインナーは春用のもので OK

8月と9月

水温 20 ~ 24°Cくらい、水温あたたかく魚群が多い(ウニ漁は 8 月下旬で 終了)

  • レギュレーターは通常のもので OK
  • ドライスーツまたは、5mm ウェット
  • フードまたはフードベスト
  • サマーグローブ
  • ドライインナーは夏用のもので OK

10月

水温 15 ~ 17°Cくらい、アイナメの産卵シーズン、黄色の婚姻色や卵塊が 見られることも

  • レギュレーターは寒冷地仕様がおすすめ
  • ドライスーツ
  • フード
  • ミトングローブがおすすめ
  • インナーとソックスは冬用厚手

11月と12月

水温 10 ~ 13°Cくらい、海は荒れやすいが透明度が高い、ホテイウオ (ゴッコ)などが見られる

  • レギュレーターは寒冷地仕様がおすすめ
  • ドライスーツ
  • フード
  • ミトングローブがおすすめ
  • インナーとソックスは冬用厚手

1月

水温 6 ~ 10°Cくらい、ゴッコの産卵シーズン

  • レギュレーターは寒冷地仕様がおすすめ
  • ドライスーツ
  • フード
  • ミトングローブがおすすめ
  • インナーとソックスは冬用厚手

2月と3月

水温 6 ~ 10°Cくらい、ゴッコの稚魚シーズン

  • レギュレーターは寒冷地仕様がおすすめ
  • ドライスーツ
  • フード
  • ミトングローブがおすすめ
  • インナーとソックスは冬用厚手
ポセイドン シーマンシップ メンバー

メンバー様には同じポセイドンとして様々な優遇をさせていただきます
メンバー様限定のおすすめ情報、お得な特典があなたをお待ちしております
ポセイドンのメンバーシップでハイクオリティーなダイビングをお楽しみください

ダイビングの注意事項

ダイビングには危険を伴いますので各種ツアーにお申し込みされる前に、必ずこちらをお読みください