調査・潜水

沿海調査エンジニアリングでは、
生物調査関連、海洋構造物現況調査、
海象機器の設置・保守点検を行っております。

1.生物調査関連

藻場調査(海藻・動物)・魚礁卵塊調査・資源量調査(ウニ、ナマコ)を
現場でのダイバー目視観察やサンプリングによりデータ化し、
水中の状況を出現種リスト作成と共に写真・ビデオにてご報告します。

2.海洋構造物現況調査

港湾鋼構造物や海洋コンクリート構造物の腐食や劣化など、
目視調査・計測、超音波肉厚測定、コアサンプリングを行います。

3.海象機器の設置・保守点検

機器設置に関しては、海底地形により最適な設置法で、波高・流速計等を設置いたします。
また、弊社はエンリッチドエアナイトロックスを導入していますので、
中深度潜水につきましてもより安全に業務を行なえます。

お問い合わせ

ご依頼・ご質問は、お電話かメールにて承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

お電話で問い合わせる
TEL:  
→  メールで問い合わせる

※ メールでのお問い合わせには、3日程いただいております。

積丹半島の美しい景色

→  もっと写真をみる